専業主婦がカードローンで実際に借りた体験

専業主婦と言うのは仕事をしていません。だから無収入と言う社会的な扱いになります。その専業主婦が何の担保も無く、カードローンでお金を借りる事が出来るのか、とても不安でした。

ところが銀行系カードローンならば、専業主婦であっても、お金を借りる事が出来ると聞き、早速借りてみたのです。銀行系カードローンであっても、専業主婦であっても、契約前には審査はあります。その審査が通るのか心配でしたが、すんなり契約が出来たのです。

しかし、専業主婦と言う枠が決められていて、幾らまでの上限で融資額が決まっていれうようでした。銀行によって様々ですが、10万まで、30万、50万、60万までなど、専業主婦と言うだけで、もう銀行によって枠が決まっているのです。その枠に一杯まで借入しても、返済金額は少額です。だから無理なく返済出来るプランを組んでいるようでした。実際に借りて見て、すぐにお金を受け取る事が出来て、助かりました。今の返済が終わったらまた借入したいと思いました。

家計のやりくりが大変でカードローンを借りた

専業主婦はすべて主人のお給料から子供の物や家のこと、冠婚葬祭までやりくりをしないといけないので、お金に正直余裕がありません。

自分のことには使いたくても使えないのです。私がカードローンを利用する時は、お友達にお芝居やお食事会に誘われた時や、結婚式や予定外の出費が多い月に旦那さんのお給料だけではどうしてもやりくりできないので、借りてしまうことがありました。もちろんバレないように。なるべく翌々月には返済出来るように、翌月は出費を抑えて過ごすようにしています。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ